馬券の払戻金の所得区分

競馬の外れ馬券が必要経費に該当するかが争点となったいわゆる「外れ馬券訴訟」。

裁判によって結論が分かれる中、国税庁はパブリックコメントを行なった上で、「競馬の馬券の払戻金に係る課税について」を公表し、通達を変更することになりました。

そこで、営利を目的とする継続的行為から生じたものとして、外れ馬券が必要経費(払戻金が雑所得)として認められるケースは、

「馬券を自動的に購入するソフトウエアを使用して定めた独自の条件設定と計算式に基づき、又は予想の確度の高低と予想が的中した際の配当率の大小の組合せにより定めた購入パターンに従って、偶然性の影響を減殺するために、年間を通じてほぼ全てのレースで馬券を購入するなど、年間を通じての収支で利益が得られるように工夫しながら多数の馬券を購入し続けることにより、年間を通じての収支で多額の利益を上げ、これらの事実により、回収率が馬券の当該購入行為の期間総体として100%を超えるように馬券を購入し続けてきたことが客観的に明らかな場合」

とされています。

なお、上記に該当しないいわゆる一般の競馬愛好家の方につきましては、従来どおり一時所得に該当し、外れ馬券の購入費用は必要経費として控除できませんのでご注意ください。