上場株式等の確定申告時の対応

特定口座内で、上場株式等を保有したり売買された方は、特定口座年間取引報告書がお手元に届く時期かと思います。

原則として、特定口座を利用している場合には、確定申告は不要となります。

しかし、以下のような場合には確定申告をした方がメリットがあることがありますので、ご検討ください。

・配当控除を受ける場合

・売却損が生じた場合(3年間の繰越控除)

・配当と売却損の損益通算をする場合(複数の証券会社で特定口座を利用)