老齢年金の資格期間が25年から10年に

平成29年8月1日より、これまで国民年金の老齢基礎年金を受給するのに、保険料を払った期間などが25年必要だったものが10年に短縮され、年金をもらえる方が増えました。

対象者の方には、既に黄色の封筒で通知がされているようです。まだお手続きがお済でない方は、お早めに年金事務所まで。