算定基礎届と労働保険申告の期限迫る

算定基礎届と労働保険の申告の提出期限が、ともに7月10日に迫っています。

算定基礎届は、今年の4~6月の給料によって、健康保険料、厚生年金保険料の基になる標準報酬月額を決めるもので、健康保険、厚生年金保険に加入しているすべての事業所が対象者全員分を届け出なければいけません。様式等はこちらになります。

労働保険の申告は、前年の4月~今年の3月の給料について、雇用保険の対象になっている人全員分と、役員(使用人兼務役員以外)を除く労働者全員分を申告しなければいけません。様式等はこちらになります。注意点としては、保険料の納付の際に、申告書と納付書は切り離さず、申告書も金融機関に提出することになっている点です。

まだご提出されていない場合は、お早目にお手続きください。